書類送付方法と必要経費性の判断について

封筒

ご準備いただく資料

会計サービス「カルク」では、お客さまよりご提出いただいた資料をもとに記帳しています。資料をご準備の上、専用封筒にて、ご送付ください。

資料送付時の注意事項

確定申告は期限が定められています。スムーズな記帳のため、お客さまのご協力が欠かせません。
定められた期限に間に合わなかった場合、税法上認められている特典が受けられない、延滞税が発生するなど、お客さまにとって不利益が発生する可能性があります。弊社が事前に案内する期限までにご送付いただけない場合は、期限内の対応はお約束いたしかねます。

毎月10日を目途にご送付ください
封筒

弊社には、月に一度は資料をご送付ください。1カ月分の資料をまとめた後、翌月10日までにご送付くださいますよう、お願いいたします。

送付資料は原本・コピーどちらでも問題ございませんが、重複して送付された場合、二重計上となる恐れがございます。重複して送付されないようお気をつけください。
送付方法は郵送だけではなく、メールやアプリからのデータでの資料送信も可能です。データ送信された資料は郵送で重複して送付されないようお気をつけください。

お仕事に関する資料のみご送付ください
部屋
お客さまからお預かりした資料は、すべてお仕事に関する資料と判断し計上いたします。弊社でのプライベート利用かの判断やアドバイスは一切おこなっておりません。ご自身でご確認の上、お仕事に関する資料のみご送付ください。
資料は支払日、金額の記載があることをご確認の上、そのまま「封筒」にお入れください
領収書
支払日、金額の記載がない資料からは経費計上ができません。また、書類の折り曲げ、台紙への貼付はご遠慮ください。
クレジットカード決済の経費は「クレジットカード会社発行の利用明細書」をご送付ください
レシート

クレジットカード決済の経費は「クレジット利用明細書」から計上をしております。
プライベート利用分と混ざっている部分は、事業利用分にマーカーを引き、お支払内容がわかるように但し書きをしてください。

マーカーが引かれていない場合は、すべて事業用経費として計上いたします。

「クレジットカード利用明細」と、「クレジットお客様控え」または「領収書」の両方をご送付いただくと二重で計算されてしまいますので、重複しないようご注意ください(弊社での二重計上のチェックは行っておりません)。

「クレジットカード利用明細書」からではなく、「クレジットお客様控え」または「領収書」からの計上をご希望の場合は、「クレジットカード利用明細書」の提出が難しい旨を必ずカスタマーセンターまでご連絡ください。

口座お引き落しの経費がある場合は、通帳のコピーにマーカーを引いてご送付ください
料金

口座からお引き落しになっている経費がある場合は、通帳をコピーしたうえで、事業利用分すべてにマーカーを引いてお送りください。なお、売上の入金については通帳から確認が不要となりますので、経費のお支払いがない場合はご送付いただく必要はございません。

マーカーが引かれていない場合は、計上はいたしません。

通帳の原本をご送付いただかないよう、ご注意ください。

毎月ご送付いただくもの

・領収書、レシート等必要経費に関する資料
送付資料は原本・コピーどちらでも問題ございませんが、重複して送付された場合、二重計上となる恐れがございます。重複して送付されないようお気をつけください。

全額必要経費になるもの 〇
・プラットフォーマー(仲介会社)に支払う手数料
・管理業者等に支払う管理費用や広告宣伝費
・事業または副業用の日用品等購入費
・事業または副業のための交通費
一部必要経費になるもの △
・事業または副業に利用している家屋の減価償却費
・事業または副業に利用する物件の地代家賃
・事業または副業に利用する物件の固定資産税
・PC、スマートフォンなどの端末購入代金
・事業または副業に利用する物件の水道光熱費
・通信費
必要経費にならないもの ×
・生計を一にする配偶者その他の親族に支払う地代家賃等
・事業または副業用資金の借入金元本返済分
・飲食代をはじめとする、プライベートな支出
・生命保険料
・所得税、住民税
・交通違反等の反則金

売上(収入)に関する資料について

収入の明細書は、年間分をまとめて翌年1月初旬にメールにてデータをお送りください

年間の売上高がわかるcsvデータがある場合は、メールにてご提出ください。

その他の雑収入がある場合

お申込時にお申出いただいたお仕事内容以外に雑収入がある場合は、あらかじめカスタマーセンターにご相談ください。

ご収入の内容によってはご契約プランの変更が必要な場合もございます。必ず事前にご相談をお願いいたします。

必要経費性の判断について

会計サービス「カルク」では、お客さまがご送付くださった資料は、すべて事業または副業の目的のための資料として取り扱います。また、送付資料・データについて「必要経費性の判断」をおこなっておりません。お客さまご自身でご判断の上、ご送付をお願いいたします。
事業または副業と無関係な資料(プライベートに関するものなど)の混入により税務調査時の追徴課税が発生しても、弊社では責任を負いかねます。ご不明点がある場合は、資料送付前にカスタマーセンターまでお問合せください。

関連記事

  1. 料金

    料金について

  2. 携帯電話

    お申込み手続き後の流れ

  3. アプリ

    専用アプリ

  4. 年間予定表

    会計サービス「カルク」のサービスと税務の年間スケジュール

  5. チェックリスト

    【民泊を営むお客さま向け】施設に関する必要資料チェックリスト